都島の医療・介護ネットワーク

理事長挨拶

来島先生       当院は、平成17年に大阪市都島区都島本通で開業。平成23年に医療法人化し、より多くの地域の方へ、 外来診療、人工透析、在宅医療及び介護サービスを提供させて頂くために、日々邁進しております。 秋桜会は、『医療介護事業での正義を貫き、患者様・利用者様の命を守る』という理念を掲げております。 これは、我々医師及び各スタッフ全員、専門職である前に、まず『人として正しい事』を判断基準とし、 その上で、患者様・利用者様の命を守るための専門性を活かした対応を行う事を方針としております。 そうした考えの元、地域に開かれた、気軽に心身のことや生活のことが相談できるクリニック作りを目指しております。 一般的に、重篤な症状がある場合に、迷うことなく医療機関を訪ねる事はあっても、心身の心配程度であれば、 『この程度でクリニックに行くのは…』と、受診を敬遠される方が多いと思われます。 しかし、早めの来院が、早期に病気を診断することが可能であったり、病気を未然に防ぐ事につながる場合や、 来院する事で不安が軽減し、安心した生活を過ごすことができる場合もあります。皆様には、なんとなく体の調子が 悪い程度であったとしても、気軽に来院して頂きたいと考えております。 医療法人秋桜会は、“秋桜会クリニック”で外来診療と外来受診が困難になった方への在宅訪問診療を実施しております。 外来診療については、患者様のニーズに合わせ、常勤2名と非常勤10名の医師で内科はもとより、 皮膚科や整形外科、泌尿器科、精神科など各専門医にご協力頂き、様々な病状に応じて対応できる体制作りを行っております。 又、各診療科に合わせた設備(レントゲン、CTスキャン(16列)、超音波検査(エコー)、内視鏡、マンモグラフィなど) 及び理学療法(リハビリや消炎鎮痛)などの充実を図っております。 “秋桜会ファミリークリニック”では、平成26年より、秋桜会クリニックにあった人工透析を独立させ、 同時に設備についても一新(on-lineHDF)し12床と小規模ではありますが、小規模ならではの特性を生かし、 透析患者様1人1人に応じた、透析医療を提供させて頂いております。また、腹膜透析にも対応しています。 2025年問題を見据え、地域の方々が住み慣れた地域で安心して生活を継続できるよう、 国の掲げる『地域包括ケアシステム』に沿って、訪問看護ステーション(訪問リハビリを含む)、 ケアプランセンター、大規模デイサービス(100名定員)と、包括的に患者様をサポートする体制作りを行っております。 また、心身の心配や不安はもちろんのことで、自宅での生活が困難になった方の場合に、サービス付き高齢者向け住宅や 有料老人ホームなどの介護施設等への入所に関しても、気軽に相談して下さい。 医療法人秋桜会 理事長 来島 泰秋
PAGETOP